本文へスキップ

ジャム・フルーツ加工品の製パン製菓材料メーカー壽食品工業株式会社のホームページへようこそ

TEL. 03-3894-4501

〒116-0011 東京都荒川区西尾久7-44-2

会社概要COMPANY

ご 挨 拶

弊社は、創業以来「誠実と堅実」を会社経営の理念として、各種果実を主とした農産物の加工に携わってまいりました。
 その間、多くの皆様の温かいお力添えをいただきまして、1世紀に迫る社歴を刻むことができました。
 製品の開発・製造にあたりましては、常に「品質のコトブキ」を念頭に置き、おいしく安全な製品造りをめざしてまいりました。
 そのうえにたって、数々の優れた機能特性を備えた製品を造ることにこだわって進んできました。
 このことが弊社の100年に近い積み重ねとして、厚いご信頼をいただく礎になったと確信いたしております。
 これからも、かかる信念を堅持し、更なる躍進をめざして経営にあたりたいと考えております。
 弊社の業務の特色は、製造業と卸売業の両面の役割を持つことにあり、このような立場を有効的に活用し、その相乗効果をもってお得意様の多様なニーズに的確、かつ速やかに対応できる体制の確立に努めてゆくべくこれを実行してまいります。
 また、常に新しい発想をもって製品の開発に取り組み、ユーザー各位の信頼にお応えできるよう、すべての社員が一丸となって努力を重ね精進してまいる所存でございます。
 今後とも、なお一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

                               壽食品工業株式会社
                        代表取締役社長  水 井  喜 一

会社概要

社名
壽食品工業株式会社
代表者
水井 喜一
本社所在地
〒116-0011
東京都荒川区西尾久7-44-2
→アクセス
TEL. 03-3894-4501
FAX. 03-3893-4655
資本金
4,500万円
設立
昭和22年12月12日
従業員数
70名
役員
代表取締役社長      水井 喜一
専務取締役        田中 直哉
常務取締役        水井 哲也
取締役(開発・製造担当) 小相澤 章
監査役          的野 愛
監査役          水井 廣二
取引銀行
三菱UFJ銀行  王子支店
みずほ銀行    王子支店

沿革

◆ 大 正

8年
初代社長水井壽穂が、長野県戸倉町に「更級杏ジャム株式会社」を創立する。
資本金2万円
10年
信越線戸倉駅前に新工場建設。杏シロップ漬、杏ボイルを製造する。
13年
社名を「更級ジャム株式会社」に変更する。
青森県黒石町に青森工場を新設するも、同年末に板柳町に移しりんごボイル、
りんご果汁の製造工場とする。

◆ 昭 和

6年
「更級ジャム株式会社」を解散し、新たに「合資会社壽商会」を設立し、
東京都墨田区に本社・工場を設置する。
9年
業務拡張のため、本社・工場を墨田区から荒川区尾久町へ移しジャム及び、
ソース原料の製造販売を開始する。
10年
青森県藤崎町に藤崎工場を新設し、りんごボイル製造工場とする。
11年
長野県豊野町に豊野工場を新設し、ジャム、ソース、ケチャップの製造を開始する。
16年
藤崎工場を「青森りんご加工株式会社」として独立させる。
19年
戦時下のため、「合資会社壽商会」の本社・工場を東京から豊野工場へ移す。
22年
終戦となり、東京に復帰するにあたり、荒川区尾久町に「壽食品工業株式会社」
を設立し初代社長水井正三が就任する。
資本金19万5千円。
25年
資本金100万円に増資。
26年
青森県板柳町の「日進食品工業株式会社」を買収し傘下に収め社長に水井正三が就任する。
りんごボイル製造工場とする。
28年
マーガリン・ショートニング、チョコレート等の製パン・製菓用原材料の販売を開始する。 資本金300万円に増資。
31年
(姉妹会社)「合資会社壽商会」の本社・工場を豊野工場から戸倉工場に移し、
ジャム製造工場とし、豊野工場を各種濃縮果汁の製造工場とする。
37年
(姉妹会社)「合資会社壽商会」の本社内に、新たに「寿高原食品株式会社」を
設立し、水井正三が社長に就任し「合資会社壽商会」の業務を引き継ぎ、ジャム
等の果実加工の量産体制を確立する。
「合資会社壽商会」は、資産管理会社として存続する。
38年
資本金600万円に増資。
39年
資本金1,200万円に増資。
40年
資本金1,800万円に増資。
41年
資本金2,700万円に増資。
42年
資本金3,600万円に増資。
43年
工場を新設。研究開発室、製品倉庫を併設する。
資本金4,500万円に増資。
46年
社長に水井輝夫が就任する。
(姉妹会社)「壽高原食品株式会社」が「丸三ジャム株式会社長野工場」を買収し、
屋代工場としてジャム類の製造工場とする。
47年
本社事務所新設。
61年
(姉妹会社)「壽高原食品株式会社」社長に水井壽光が就任する。
62年
(姉妹会社)「日進食品工業株式会社」を「津軽果工株式会社」に社名変更する。
63年
社長に水井精一が就任する。

◆ 平 成

5年
事務所に隣接する土地・建物を買い取り製品及び原料倉庫とする。
11年
社長に水井喜一が就任する。
25年
工場を全面的に改修し、新工場としてスタート。

バナースペース